子育てに役立つ・子どもとおでかけ情報サイト

ファミリー向け商品を探す

新着まとめ

  • ノミの駆除方法で効果的なものは?自分でできる方法から業者まで

    ライフスタイル

    犬や猫などペットを飼っていると、外から連れて来てしまうことが多いノミ。犬猫だけでなく人も吸血します。噛まれると痒みが激しく、跡が残ることも。ペットにノミがつかないようこまめにシャンプーをして、清潔にしましょう。ノミは1年中発生します。跳力がとても高く、繁殖力も強いのでしっかり対策をしないとすぐに増えます。部屋の中のノミが好みそうな場所は、掃除機をかけて常に清潔にしておきましょう。またペットを飼っている家庭では、殺虫剤を用意しておくと便利です。なかなか改善しない場合は、専門の業者に頼むことも検討しましょう。

  • トコジラミ(南京虫)の駆除方法は?生息場所や特徴もあわせて紹介

    ライフスタイル

    トコジラミ(南京虫)はカメムシの仲間で、体長5〜8mm(幼虫は体長1.5mm程度)の赤褐色の虫です。人や動物を吸血する不快害虫で、近年日本でも生息数が増加傾向にあります。暗く温かい場所を好むため、室内ではベットや布団の周辺、畳やカーペットの下、壁や柱、家具の隙間、電化製品内部などさまざまな場所へ潜伏し、卵を産みつけ繁殖します。トコジラミの中には一般的な殺虫成分への抵抗性を備えている種類がいるため、市販の薬剤では駆除しきれない場合もあります。そのため、自分で対策を講じる際は、スチームアイロンなどを使用した加熱処理をしたり、掃除機を使用したりするとよいでしょう。自分では駆除しきれない、そもそもどこにトコジラミが発生しているかわからないという場合は、専門の業者へ駆除を依頼しましょう。生息調査や冷却処理、薬剤処理など、プロならではの方法でトコジラミを撃退してくれます。

  • ネズミを駆除する方法は?効果的な方法とおすすめの駆除グッズ

    ライフスタイル

    天井や屋根裏を生き物が走り回る音がしたり、家の中にふんが落ちていたりする場合には、ネズミが原因かもしれません。ネズミはアレルギーの原因になり、ときには感染症を媒介することもある、有害な生き物です。ネズミは繁殖能力が非常に高い動物なので、見つけたらすぐに駆除することが必要です。ネズミの駆除は、侵入経路をふさぎ、ワナや毒餌を設置するという方法で行います。毒餌や忌避剤、ワナは多くの種類が市販されていますので、効果が高い製品を選んで試しましょう。駆除グッズは、2つ以上を併用することが効果を高めるポイントです。

  • 鳩の巣の駆除は自分でできる?鳩の特徴や注意点を紹介

    ライフスタイル

    鳩には強い帰巣本能があり、巣から1000kmほど離れていても戻ってくるといわれています。また年に数回卵を産むので、外敵の攻撃の心配がなく安心して産み育てられる環境に巣を作る習性があります。家に鳩の巣を見つけたら、すぐに駆除するのはやめましょう。卵やヒナがある状態で手を出すと、鳥獣保護法に違反します。お住まいの自治体に相談し、指示に従って行動してください。巣を作られる前にできる対策法があるので、鳩がベランダなどで休憩したり待機したりしている段階で追い出しましょう。スプレー散布や対策ネットの設置もおすすめです。困ったときには専門業者に相談してください。

  • タヌキ対策や駆除方法!習性や食性・アライグマとの違いについても解説

    ライフスタイル

    タヌキは日本各地に生息する野生動物。可愛らしい見た目とは裏腹に農作物を食い荒らしたり、糞尿の悪臭に困ったりと人間を悩ます害獣として知られています。アライグマとよく似ていますが、性格は臆病なところもあり、ゆったりと行動するのが特徴です。対策としては、タヌキを寄せ付けない環境をつくることや、柵の設置・音やニオイで威嚇することが一般的です。鳥獣保護法により、タヌキを個人で捕獲したり毒殺したりすることは許されていないので、注意しましょう。タヌキ駆除に困った場合は、保健所や専門業者に相談する方法も視野に入れてみてはいかがですか。

  • イタチの駆除方法は?イタチの捕獲は法律で禁止されているって本当?

    ライフスタイル

    かわいらしい見た目のイタチですが、実は人家に住みつくと厄介な害獣。西日本を中心に生息し、主にチョウセンイタチによる被害が多いとされています。野生生物が屋根裏や天井裏に住みつくと、家屋の損傷や悪臭などの被害が発生することも。しかし、イタチの捕獲や毒殺は、鳥獣保護管理法という法律で禁止されています。そのため、イタチを駆除するには、追い出すための対策をするしかないのが現状です。イタチを追い出すためには、イタチが嫌う環境を作るのが一番。くん煙剤やイタチが嫌うニオイで追い出して駆除しましょう。野生動物の排泄物には人間に害を及ぼすウイルスが含まれている可能性があるので、徹底的に洗浄するのがおすすめです。

  • イエヒメアリの駆除はできる?生態から駆除方法まで紹介します

    ライフスタイル

    家の中に侵入するアリといえば、一般的にシロアリやクロアリなどが知られていますが、イエヒメアリも侵入しやすいアリのひとつです。イエヒメアリは雑食で、家の中にある食べ物や落ちている食べかすなどを食べます。また、他のアリとは異なり複数の女王アリが共存しているため繁殖力が高く、放置しておくと危険です。まずはイエヒメアリが侵入しないための予防が大切です。万が一家の中に侵入した場合、イエヒメアリの駆除は難しいといわれていますが、自分でできる駆除方法を試しましょう。それでも解決しない時には、アパートなどの賃貸物件に住んでいる方は管理会社に相談し、持ち家の方は専門の業者への依頼をおすすめします。

  • コナダニってどんなダニ?コナダニ駆除で快適な暮らしをしましょう

    ライフスタイル

    コナダニはダニの一種です。体長は0.3-0.5mmの小型で、見た目は白く粉のように見えます。湿度の高い時期に、小麦粉やパン粉などの食品や、和室の畳や台所などの湿気の多い場所に発生しやすくなります。粉類の食品に発生すると気が付きにくく、そのまま放置してしまうことも。コナダニ自体には毒性はありませんが、他のダニの発生の原因になり、健康被害を引きおこす可能性があります。和室など広い範囲に発生したときは、専門の駆除業者に依頼した方が安心です。キッチンの水分は拭き取ることを心がけ、こまめな換気、食品の保存方法にも気を配り、コナダニの発生を予防しましょう。

  • ムカデの駆除・退治方法は?屋内に侵入させない対策法も紹介

    ライフスタイル

    ムカデは攻撃性が強い虫で、接触した瞬間に咬みついて毒をつけます。直後に激しく痛んだあとは赤く腫れ上がるため、腫れがひかないときは皮膚科で診断してもらいましょう。危険なムカデを家の中に入れないためには、換気扇や畳の間、排水口などの侵入経路を塞ぎ、巣を作らせないようにします。ゴキブリ対策は、同時にムカデ対策にもなります。家の周りに忌避剤を撒くときはムカデ用のものを選び、使用上の注意を守りましょう。見つけたムカデは熱湯でも駆除できますが、動きが素早く生命力が強いので殺虫剤を使う方が安全です。専門業者に相談して、ムカデ駆除をする方法もあります。

広告

運営会社